2011年

9月

16日

行政書士に会社設立を依頼することで割安になる理由

会社設立をする際、かかる費用は以下の通りです。

 

登録免許税  150,000円
定款認証代  52,000円 (謄本取得代金含む)
定款印紙税  40,000円

 

計242,000円程度かかる計算になります。
会社設立を専門に行っている行政書士事務所は電子定款を作成代行サービスを行っております。

この電子定款を利用すると、定款印紙税が発生しないのです。

従って、自分で会社設立手続きをするよりも、行政書士にご依頼いただいたほうがお安く会社を設立することができるのです。

また、当事務所が提携する司法書士はオンライン登記申請に対応しており、登録免許税も146,000円となります。

つまり、専門家に依頼をすることで、会社設立費用を格安に抑えることができるのです。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    名古屋のホームページ制作会社 [Office CONCRETE] (木曜日, 22 9月 2011 01:18)

    弊社も設立時は、行政書士の先生にお願いしました。
    自分でやるよりもどれくらい楽なのかは、
    全く分かりませんでしたが、やっぱり餅は餅屋ですね。
    自分の本業に専念するのも大切ですねー。

  • #2

    acute-gyosei (水曜日, 05 10月 2011 13:13)

    コメントありがとうございます。
    行政書士は会社設立後も起業家の皆様のお役に立てる業務を数多く行っております。
    本業に専念するため、今後も行政書士をお気軽にご利用いただければと思います。

  • #3

    Latoyia Didonato (木曜日, 02 2月 2017 02:31)


    Magnificent beat ! I wish to apprentice whilst you amend your website, how could i subscribe for a weblog site? The account aided me a applicable deal. I have been tiny bit acquainted of this your broadcast provided shiny clear idea

お問い合わせ

大変申し訳ございません。

ただいま業務多忙のため、新規案件の受任は一切行っておりません。