よくある質問

1. 会社設立までにどれくらい時間がかかりますか?

大体2週間くらいです。

発起人の人数によっても変わってきますが、発起人兼取締役として一人~3人程度で設立するパターンですと、2週間前後くらいが目安と考えてください。

発起人や取締役の押印が必要な書類が多数ありますので、人数が多いとその分時間がかかります。

余裕を持って、会社設立業務をご依頼いただけますと幸いです。

 

2. 自分で会社を設立する際、必要な手続きを教えてください。

発起人兼取締役1名から3名で発起設立する場合について説明します。

   ① 発起人、取締役となる人の印鑑証明書をそれぞれ用意する

   ② 資本金の額、各自が株式と引き換えに払い込む金額等を決める

   ③ 本店の場所(本店所在地所在地)を決める

   ④ 資本金の払い込みをするための通帳を用意する

   ⑤ 商号調査をして、定款を作る

   ⑥ 公証役場で定款の認証を受ける

   ⑦ 会社の印鑑を用意する

   ⑧ 各自が資本金の払い込みをする

   ⑨ 登記申請書類と添付書類を用意する

   ⑩ 登記所で登記申請をする

   ⑪ 登記簿謄本・印鑑証明書を取得する

 

3. どこの公証役場で認証を受ければよいのですか?

管轄がありますので、管轄内で行きやすいところを選んでください。

登記所のように細かく管轄分けはされていません。東京で会社設立なら都内、埼玉で会社設立なら埼玉県内というように、都道府県ごとの管轄になります。

ちなみに手数料はどこでも同額です。

 

4. 定款の謄本は何通必要ですか?

会社保存用に1通、登記申請用に1通、合計2通必要です。

銀行口座設立などには紙の定款の写し(コピー)が必要となりますので、必ず1通は会社保存用をご用意いただくことをお勧めします。

 

5. 会社の設立日はいつになりますか?

登記申請をした日が設立日になります。

(オンライン申請の場合17:15を過ぎると翌日が設立日になります。)

法務局がお休みの日は申請できません。

つまり、固定された祝日を設立日とすることはできません。

(5月3日、憲法記念日等...。)

大安など縁起の良い日を選んで申請することも可能です。

 

6. 登記簿謄本はいつもらえますか?

登記申請日から1週間~2週間ほどで登記が完了します。

完了後はいつでも窓口で請求できます(郵送も可)。

印鑑証明書は印鑑カードの交付申請をしてからの請求になります。

窓口で交付申請を行えば、その場で印鑑証明書の請求もできます。

お問い合わせ

大変申し訳ございません。

ただいま業務多忙のため、新規案件の受任は一切行っておりません。